スポンサーサイト

  • 2010.04.24 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


理科で範囲外から出題=国立高専入試(時事通信)

 独立行政法人国立高等専門学校機構(東京都八王子市)は22日、前日に実施した2010年度の国立高専入試の理科で出題ミスがあったと発表した。中学校学習指導要領から外れた設問一つについて、受験者全員を正解とする。
 機構学務課によると、設問は「酸・アルカリとイオン」に関する内容で、中学3年は習っていない。51校ある国立高専の入試には計1万3063人が出願。全国共通の筆記試験が21日に行われ、23日以降に合格者が発表される。 

【関連ニュース】
理学部入試で出題ミス=立教大
日本史で出題ミス=法政大入試
関係良好、韓国に配慮=自民は追及の構え
日本大使に遺憾表明=竹島めぐる学習指導要領解説書で
17人を追加合格=10カ月前の入試ミスで

PMDAの在り方「仕分けしたい」―民主党・尾立氏(医療介護CBニュース)
なぜ妻の料理はまずいのか ネットで夫たち「暴露大会」 (J-CASTニュース)
鳥取選出・石破氏「チベット発言」に怒る(読売新聞)
マンション更新料返還求める訴訟で家主の控訴棄却 大阪高裁(産経新聞)
医師地域偏在の実態を調査へ―厚労省医政局(医療介護CBニュース)

弘前市側が逆転勝訴=除雪入札「談合の証拠ない」−仙台高裁(時事通信)

 青森県弘前市が委託した除雪事業の指名競争入札で、落札率が高く談合の疑いがあるとして、市民団体が同市を相手に、業者に損害金を請求しないのは違法だと確認を求めた控訴審判決が25日、仙台高裁であった。小磯武男裁判長は「談合を直接示す証拠はない」として、同市が返還請求しないのは違法とした一審青森地裁判決を取り消し、市民団体の請求を棄却した。
 小磯裁判長は「除雪事業は建築請負工事とは異なり、入札金額が異なる要因は乏しい。落札価格も公表されており、談合の推認は困難」とした。 

【関連ニュース】
福田組が5億円所得隠し=地元対策費を経費計上
追及1年、巨額資金明るみに=「本丸」到達せず
「本命外し」談合組織へ指示=ゼネコン側、妨害恐れ献金
元技監らに8億6700万円請求=水門工事官製談合の損害賠償で
地検捜索の2社、鹿島と密接=顧問・社長に元幹部

「橋下新党」旗揚げへ=統一選で、府・市再編争点に−大阪(時事通信)
<連続保険金殺人>元看護師側、死刑回避求め結審(毎日新聞)
自腹でゲストの下着代払うはめに ニッポン放送アナ「炎上」仕掛ける?(J-CASTニュース)
<調査捕鯨>調査船を妨害 1隻は現場を離れる(毎日新聞)
鳩山首相元秘書、3月29日に初公判=偽装献金事件−東京地裁(時事通信)

段ボール放火の男を逮捕(産経新聞)

 20日午前2時25分ごろ、大阪市西成区萩之茶屋の路上で、段ボールにライターで火をつけている男を警戒中の西成署員が発見、建造物等以外放火で現行犯逮捕した。西成署によると、男は近くに住む無職、塩満辰己容疑者(57)。周辺では19日未明に路上のごみやビニールシートを焼く不審火が3件相次いでおり、同署で関連を調べる。

橋下知事“空港維持”豊中市長を批判 廃港派選挙応援は撤回(産経新聞)
千葉大生殺害 「もみ合いになり刺した」逮捕の男殺意否認(毎日新聞)
関東北部で震度3(時事通信)
3児死亡飲酒事故、被告と同乗者らを賠償提訴(読売新聞)
<沖縄密約訴訟>東京地裁で結審…判決は4月9日(毎日新聞)

「高校無償化」の留保撤回へ=国際人権規約で対応−政府(時事通信)

 政府は18日、国際人権規約が規定する「高校教育の無償化」条項への留保を撤回する方針を固めた。教育の格差解消を目指す鳩山政権の姿勢を明確にするのが狙い。政府が今年度内に目指す高校授業料無償化法案の成立を受け、必要な手続きに入る方針。
 岡田克也外相が同日の衆院予算委員会で、同条項について「高校無償化法案の成立を見定めた上で、留保の撤回を行いたい」と表明した。
 国際人権規約は、政治的な権利や教育や社会保障などに関する包括的な国際条約。日本は1979年に同規約に批准したが、高校無償化条項については国内法との関係から、留保してきた。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
ポスト鳩山を狙う"ラグビーボール"原口総務相
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘〜経産省と組んだ菅副総理〜

ボスザル健太ら安らかに 鳥取・湊山公園に供養碑(産経新聞)
偽りの果てに女性を殺害 別れさせ屋の「愛」(産経新聞)
新型インフル向けの枠組み創設=予防接種法改正へ提言−厚労省審議会(時事通信)
肺動脈性肺高血圧症治療薬でライセンス契約―日本新薬(医療介護CBニュース)
「撮り鉄」の“脱線”問題 大阪府警が捜査へ(産経新聞)

鳩山邦夫氏と与謝野、園田両氏が会談 今後も定期会合(産経新聞)

 自民党の鳩山邦夫元総務相と与謝野馨元財務相、園田博之幹事長代理が19日昼、都内の料理店で会談し、平成22年度予算案審議や夏の参院選をめぐる党執行部の対応や党内の情勢などについて意見交換した。また、今後も定期的に会合を設けることを確認した。

【関連記事】
与謝野氏「あなたは首相失格。鳩山首相に期待は2%」
弟・邦夫氏が証言 首相「子分を養うためにお金が要る」 母親からの資金提供問題で
平成の脱税王と居眠り副総理
自民・与謝野氏「弟」使い首相揺さぶり
首相激高の巨額“子ども手当て”の真相は!? 邦夫氏発言がカギ

<障害者取り押さえ死亡>遺族らが国会内で集会(毎日新聞)
自宅にサーバー設置して商売 これで逮捕されてしまうのか(J-CASTニュース)
舛添、菅、塩崎氏らが勉強会=自民に新グループ? (時事通信)
<宝くじ>グリーンジャンボ、全国一斉に発売(毎日新聞)
公共施設の全面禁煙通知へ=飲食店や娯楽施設も−厚労省(時事通信)

冬の夜、静寂に包まれる大内宿(産経新聞)

 底冷えのする冬の夜、福島県下郷町の大内宿は静寂の中にあった。聞こえるのはかやぶきの民家の前の水路を流れる水の音だけ。屋号を記した行燈(あんどん)がぼんやりとともり、民家の列を浮かび上がらせいた。軒先には氷柱がきらきらと輝いていた。手袋をしても、指先がかじかんだ。

 大内宿は、日光と会津若松をつなぐ会津西街道(別名下野街道)沿いに開けた宿場町。立ち並ぶ約40軒の民家が江戸時代の面影を残している。昭和56年には、重要伝統的建造物群保全地区に選定された。

 昨年は約116万人の観光客が訪れた。土日などのETC利用高速料金1000円の効果もあり、前年より7%増えた。昨夏来たときは平日だったが、駐車場に入れない車が渋滞をなしていた。冬でも、土日なら200〜300台、平日でも100台前後の車が来るという。

 2月中は毎日、ナイトツアーも行われている。問い合わせは芦ノ牧温泉観光協会(電)0242・92・2336。

【関連記事】
シンガポールに公式カジノがオープン 観光客は呼びたいが…
松井秀人気、早くも主力級 グッズの売れ行きも上々
目指せアベベ 北海道でスキー指導したエチオピア人選手 スキー距離
韓国と秋田、深くて意外なその関係とは? 秋田テレビ・後藤美菜子アナウンサー
あの派手な看板は何? 中国の観光サイトで「グリコ」人気

なぜ真冬に刺す蚊がいるの? 産卵期の雌だけじゃ…(産経新聞)
千葉大生殺害、竪山被告を強殺容疑などで再逮捕(読売新聞)
<中3自殺>「兆候に対応せず」両親が千葉の私立中を提訴(毎日新聞)
草津温泉が一番人気 「みんなで選ぶ 第2回温泉大賞」(産経新聞)
飲酒運転で懲戒免職、元教諭の処分取り消し確定(読売新聞)

ヨウ素から不斉合成触媒を開発=次世代抗生物質の生成に期待−名古屋大(時事通信)

 右手と左手のように鏡面対称の構造を持つ二つの分子のうち、一方だけを合成する「不斉(ふせい)合成」を、名古屋大の石原一彰教授らの研究グループがヨウ素を用いた触媒で成功させた。合成された物質からは、次世代の抗生物質などを生成できる可能性があるという。研究成果は17日までに、独化学誌アンゲバンテ・ケミー電子版に掲載された。
 物質の中には合成すると同じ分子式なのに、構造が鏡面対称になる2種類ができるものがある。二つは性質が異なるため、医薬品などを作る際は有用な性質を持つ片方だけを不斉合成する必要がある。
 石原教授らは、ヨウ素を用いた有機化合物を触媒とし、アルコールの一種である分子を酸化させ、医薬品中間体「スピロラクトン」を不斉合成した。
 スピロラクトンからは「ラクトナマイシン」という次世代抗生物質や抗がん剤を生成できる可能性があるという。 

【関連ニュース】
日本イーライリリー、ジェムザールの効能追加
大豆製品で肺がんリスク減=非喫煙男性の場合
幹細胞に特徴的な分子発見=急性骨髄性白血病、根治に期待
精子をマウス体内で成熟=子豚が初誕生、品種改良に応用へ
つかこうへいさんが肺がん公表

<労働保険審査会>マツダ元派遣男性の失業手当延長を裁決(毎日新聞)
<五輪スピード>窮地救うか二つのメダル…低迷続く冬季競技(毎日新聞)
首相がブログ読者集めお茶会 子ども手当に感謝の声続出(産経新聞)
「守り」の党首討論に決意=鳩山首相(時事通信)
290万円相当の貴金属盗む 容疑の無職男逮捕 東京・上野(産経新聞)

国家公務員削減「3万5千人以上」枝野刷新相(読売新聞)

 枝野行政刷新相は14日のテレビ朝日の番組で、国の出先機関の統廃合に伴う国家公務員の削減について、「3万5000人以上」を目指す考えを表明した。

 枝野氏は今後、原口総務相ら関係閣僚とも協議したうえで、政府が今夏に策定する「地域主権戦略大綱」に、出先機関改革の基本方針を盛り込む方針だ。

 枝野氏は、政府の地方分権改革推進委員会が麻生前政権下の2008年12月の第2次勧告で、出先機関の統廃合によって職員約3万5000人の削減を目指すとしたことに触れ、「自民党時代にこの数字が出たのだから、国民の期待はこれがスタートラインだ。期待に応えないといけない」と述べ、前政権以上の目標を目指す考えを示した。

 統廃合の対象については、「税務署とか海上保安本部は地方に必要だが、(予算の)個所付け的なことを決める出先機関はいらない。地方で決めればいい」と述べた。主に国土交通省の地方整備局などが対象となるとの考えを示したものだ。

石川衆院議員が離党届、小沢幹事長受理(読売新聞)
小沢氏訪米までに普天間解決を=細野氏(時事通信)
夫婦別姓で千葉法相「亀井氏を説得していく」(産経新聞)
国庫負担「肩代わり」法案に反対声明―健保連(医療介護CBニュース)
消費税論議に慎重=景気への影響懸念−平野官房長官(時事通信)

子守唄で児童虐待防止 母性愛、育児の知恵…全国キャラバン展開(産経新聞)

 児童虐待による事件が後を絶たない。先月も東京で、7歳の男児が継父と実母に繰り返し殴られ死亡する事件があったばかり。こうした中、母と子の絆(きずな)、命の大切さを訴えてきたNPO法人「日本子守唄協会」(西舘好子理事長)が『子守唄』の力で虐待に歯止めをかけようと、全国キャラバンプロジェクトを開始した。きっかけは若いママたちの「母性の欠如」だった。(喜多由浩)

 ◆母子愛のスイッチ

 「赤ちゃんのにおいが嫌でたまらないから消臭剤をまいているの」「泣き声がうるさくてミルクに睡眠薬を混ぜたらずっと起きないんだけど…」。子守唄協会には、若いママからビックリするような相談がたくさん寄せられる。赤ちゃんの抱き方やあやし方、授乳の仕方さえ知らないママたちも少なくない。

 「昔なら、母親やおばあちゃん、近所の人から教わった当たり前のことが今の若いお母さんには分からない。1人で育児に悩んだ揚げ句、疲れ切って虐待に走ってしまう」と西舘さん。

 「母性の欠如は既に半世紀も前から始まっている」と話すのはプロジェクトに参加している評論家の湯川れい子さんだ。「赤ちゃんが泣くのは、子宮の中で聞いていたお母さんの声や心臓の鼓動を探しているからです。それなのに病院はすぐに新生児室に連れて行き、お母さんから引き離してしまう。これでは“母子愛のスイッチ”が入らない。日本は50年も前から『愛情の刷り込み』がないやり方を続けている」と警鐘を鳴らす。

 児童虐待の増加は、物質的な社会の豊かさとも無関係ではない。日本子ども虐待防止学会会長を務めた小林登・東大名誉教授は、「日本で多いのは身体的虐待とネグレクト(育児放棄)だが、物質的に社会が豊かになったがゆえに、『優しさ』『思いやり』といった母性のプログラムが働きにくくなっているのではないか」と指摘する。

 ◆子供の心をつかむ

 協会が進めるキャラバンプロジェクトは『子守唄』をキーワードに、母子の絆や母性愛、育児の知恵を取り戻すのが狙いだ。

 虐待防止や子育て支援のシンポジウムやイベント、子守唄コンサートを開催。加えて、地方自治体や児童虐待に関係する施設、宗教団体と連携して虐待防止のネットワークを構築し、社会全体で支援するシステム作りを目指す。また、「子守唄という処方箋(しょほうせん)−STOP ザ 虐待」というタイトルのDVDも制作。上映会で若いママたちへの啓発を行う。

 実際、子守唄には子供や母親の心を和ませる効果がある。小林教授は「子守唄にはいろんな種類があるが、『子供に聞かせる』という点では同じ。長く歌い継がれてきた中で、子供の心をつかむリズムやピッチ(音高)になったのではないか」と話す。湯川さんも「赤ちゃんがおなかの中で聞いていたのと同じ周波数やトーンで、お母さんが優しく歌ってあげることが情緒的発達に大きな効果があるのです」と強調する。

 ただ、「子守唄」はこのプロジェクトの一つの象徴に過ぎない。西舘さんは「虐待は、罪を重くしたり通報を奨励したりしても決して減ることはない。『根本的解決』のためには母性を目覚めさせ、優しい配慮にあふれた社会を取り戻すことしかありません。子守唄はそのためのツールであり、象徴なのです」と訴えている。

                   ◇

 ■増加する児童虐待−9年前の3・7倍

 厚生労働省の統計によると、児童相談所における平成20年度の「児童虐待相談対応件数」は4万2662件(速報値)で、過去最高を記録、9年前(11年度)の約3・7倍に増加した。また、心中を除く死亡例は73例(78人)。

 専門家によると、相談がないケースなど実際の虐待数はこの数倍に上るとみられる。内容的には暴力を伴う身体的虐待のほか、ネグレクト(育児放棄)、性的虐待、心理的虐待などがある。

北教組資金問題、小林氏事務所や委員長室で授受(読売新聞)
ドクターヘリ 医師の養成支援…NPOが4月に基金創設(毎日新聞)
<雑記帳>バンクーバー五輪「聖火丼」食べて応援(毎日新聞)
電源コード断線火災事故 ドライヤーが最多の61件(産経新聞)
ソーセージに禁止牛肉混入=オーストリア産豚肉を輸入停止−農水省(時事通信)

オウム新実被告の死刑確定(産経新聞)

 地下鉄サリン事件や坂本堤弁護士一家殺害事件などで殺人罪などに問われ、1、2審で死刑判決を受けて、上告を棄却された元オウム真理教幹部、新実智光被告(45)の判決訂正の申し立てについて、最高裁第3小法廷(近藤崇晴裁判長)は、棄却する決定をした。死刑が確定した。決定は16日付。

【関連記事】
原田美枝子主演、地下鉄サリン事件ドラマ化
金沢のオウム施設立ち入り 公安調査庁
元オウム真理教幹部、新実被告の死刑確定へ
オウム井上被告の死刑確定
警察庁長官銃撃 オウム元幹部らの書類送検検討

北教組事務所を捜索、民主・小林議員側への資金提供疑惑(産経新聞)
小渕氏“伝説”聖子氏が暴露…ラジオで酒豪トーク(スポーツ報知)
<確定申告>かけ声むなし? 鳩山首相「税金払って」(毎日新聞)
「常識たたき直す。もっと金を払え」 介護士の男再逮捕 寝たきり男性から現金脅し取る(産経新聞)
小児がんのQOLを考えるシンポジウム 21日に大阪で(産経新聞)

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
sponsored links
リンク
クレジットカード現金化 比較
探偵社
携帯ホームページ
ブラック キャッシング OK
携帯ホームページ
selected entries
archives
recent comment
  • <日医連>民主単独推薦を検討…参院比例、執行部内に反対も(毎日新聞)
    みっくみく (08/26)
  • <日医連>民主単独推薦を検討…参院比例、執行部内に反対も(毎日新聞)
    ジェームズ (05/12)
  • <日医連>民主単独推薦を検討…参院比例、執行部内に反対も(毎日新聞)
    カドルト (01/08)
  • <日医連>民主単独推薦を検討…参院比例、執行部内に反対も(毎日新聞)
    道隆 (01/03)
  • <日医連>民主単独推薦を検討…参院比例、執行部内に反対も(毎日新聞)
    タンやオ (12/30)
  • <日医連>民主単独推薦を検討…参院比例、執行部内に反対も(毎日新聞)
    リョータ (12/25)
  • <日医連>民主単独推薦を検討…参院比例、執行部内に反対も(毎日新聞)
    きんちゃん (12/18)
  • <日医連>民主単独推薦を検討…参院比例、執行部内に反対も(毎日新聞)
    しゅうじん (11/21)
  • <日医連>民主単独推薦を検討…参院比例、執行部内に反対も(毎日新聞)
    ゴリゴリくん (11/16)
  • <日医連>民主単独推薦を検討…参院比例、執行部内に反対も(毎日新聞)
    土屋浩平 (11/02)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM